スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズ、その後 
「なんてところに来てしまったんだ!」
っていう、秋学期からとったジャズクラスについて前に書きましたが、
その後のことについて書きたいと思います。

相変わらず、苦戦しています。
やっぱり、私があの時「やばい」っておもったことは、勘違いでもなんでもなく、
やっぱり「やばい」のでした!なんかもう、大変です。
でも、意外と楽しいって思えるあたり、アメリカの「褒めて伸ばす」教育スタイルのおかげなんだとおもう。

2回目のジャズクラスで、グループのみんなみたいに頭の中で作曲することができなくて、くやしくて、
クラスの後、図書館の個室でうだっていました。
書いていたのがこれ。
IMG_2352.jpg
うさぎさん×たくさん
あと、こういうのとか
IMG_2353.jpg

物知りな友達から、不景気のときはテディベアが売れるって聞いたことがあるんだけど、
私の不景気はうさぎさんが癒してくれるみたい。うさぎさんありがとう。
わたしは前髪バング主義なのだけど、うさぎさんにも前髪があったほうがかわいいとおもうので、
これをmyキャラ化しようとおもう。そして未来の雑貨屋さんにて売る。そして、
「micassoの前髪うさぎさんがやばい」みたいなことを女子中学生たちに言ってもらう。うふふ(妄想)
だからね!とらないでね!わたしの前髪うさぎさん!
パクられちゃったとしても、それがブレイクしたら元祖であるわたしの勝ちに変わりないけどね!
はい、妄想はここまでで、
凹みまくって、でもどうしてもジャズのクラスあきらめたくないから、
うさぎさんを描いた後がんばりました!
だって、サックスを吹いてるうさぎさんを描けたんだもの。
わたしの本心はやはりジャズにあるのだとおもったの。
そして先週の夜、一生懸命ソロを考えてみたんです!
それがこれだ!
IMG_2354.jpg
手描きのほうは、音楽記号がむちゃくちゃだけど、とりあえず音を出して考えてみたやつで、
先週の木曜日、まだクラスも3回しかしてないっていうのにグループごとのお披露目会があり、
メモしたソロをぶっつけで吹いてみた!
結果、緊張しすぎてろくにふけなかったのだけど。
ああもう、なんでこういうときっていっつも持ち前の神経質さがパワーアップしちゃうんだろう、
とか色々後悔はあったけど、
グループのみんなは、私がソロのメモを持ってきたことにまず褒めてくれたし、
全然へたくそなのに「good job!」て言ってくれたし、
全部がマイナスではなかったとおもうのです。わたしなりに前進はしてるんだと。
ただ、お荷物に変わりはなくて。グループのみんなが優しいからって甘えてちゃだめなのはわかる。
グループのひとにソロの作り方を聞けばいいじゃんとか、おもうけど、うーん、いまだにできてない。
もじもじもじ。
とりあえず、自分でやるだけやって、詰まったら聞いてみようかなーうーんでも恐いよー。
画像の、パソコンの画面は、楽譜作成ソフト「フィナーレ」で作成中のソロ。
楽団時代にもらったやつなんだけど、今めっちゃ助かってます。ありがとうフィナーレ。
うん、とりあえず頑張って考えるー。たぶん人に聞いたって、
ジャズなんてはみ出してなんぼなんだから、とくにだめもなんもいわれない気がする。
THE KANDINSKY EFFECTのライブ聴いて以来、そんなふうにおもってる。
わーこんなにはみ出てるんだ~って。THE KANDINSKY EFFECTは、鬼あつい。
もし、だれかにジャズについて聞くとしたらコードの展開の仕方くらいかな~
ジャズクラブの友達もコード全部覚えてないって言うから、
どこまで知識があったらなあなあなのか、まだなぞなんだよね!

ジャズクラスもそうだけど、ぶっとんで絵の才能がある人とかスポーツマンとか、楽器が出来る人とか、
そういうひとたちがこのUniversityには多いな~とおもってたんだけど、
今日友達からきいた話だと、
そういう芸術とかスポーツとかの才能があるひと、あるいはめっちゃ頭のいい人が
この大学に入学してきているから、そういうひとたちがいる、らしいんだよね。
だから、私は日本の留学システムでこっちに来てるけど、
ここに1年生から入学してる人はなにかしらの才能持ってるってことみたいだから、
そりゃジャズで私が苦しむはず!って思えた。
私だけが劣ってるように思えたんだけど、それにかわりはないんだけど、
そういうことにすれば私もモチベーション持てるかも!
てことで、現実逃避してたジャズのソロ思案、再開します~
スポンサーサイト
EXHAUSTED! xo 
(へとへとだー

念願のジャズクラスの入ることができて、今日は初の顔合わせ&練習でした
メールでメンバー構成を教えてもらったあとだったから、会うのが楽しみだった
最初はミーティングで、先生から、各グループ2曲くらい発表することになるよーとか
来週学校で行われるコンサートには行ってねーとか、そんな話だった。それで、
午後にグループのメンバーとコーチに会って練習をしました。
もう、すっごくすっごくショックだった!
だってみんなジャズのルールを知ってるんだもん!
それって当たり前なのかもしれないけど、でもこれ授業だから、
ぜんぜんわかんなくても、教わるんだから!と思って行ったのわたしだけだったんだもん!
ジャズの基本のサイトみても何の話かわからなくて、いいや、授業でやるし、授業なんだし、
って思ったわたしが甘かった!!!うわー自分くそじゃんー

今日、みんなができてわたしができなかったこと、それはソロ
クラシックではだいたい楽譜に書いてあるでしょ。ないものもあるけど。
で、わたしは書いてないのに吹ける人は天才だからなんだとばっかり思ってたのです。
今日は短い曲のメロディーを吹き終わったあとにソロがひとりひとり回ってきたんだけど、
みんな初めてだし、みんなこの曲知らないって言うし、きっと間違える人もいるんだって思ってたんだけど、
!!!

みんな、吹いている・・・!!!(д)゜゜
なぜ、どこからそのメロディーがでてくるの?
アメリカ人ってそういうのみんな知ってるの?隣の子、韓国の子だけど、韓国もそうなの?
どっかーん\(^o^)/

わたしはとても、消えてしまいたくなりました。とんでもないところに来てしまったんだって。
でも、聞いているうちに、先生が「次はDメジャーね!」とか言ってるの聞いてて気づいた。
お(゜゜)
これは、もしかして、そのコードに従ってスケールを遊んでるようなもんなんじゃないか・・・?と。

(長いので追記に続く・・・!)

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。